大規模修繕を行なうなら専門家にサポートしてもらおう

適切な修繕工事を行う方法

マンション

専門家の立場でサポート

マンションで快適な暮らしを続けていくためには、管理業務が大切なポイントとなります。管理業務の中でも一番重要で大掛かりなのが大規模修繕工事の計画と実施です。大規模修繕工事は住民から集める修繕積立金によって運営されていきますが、計画や運用がうまくいかないと将来的に修繕積立金が不足してしまう可能性があります。この問題を回避するために注目を集めているのが大規模修繕工事のコンサルティング会社です。コンサルティング会社に依頼をすると、管理組合がやらなくてはいけないことや管理会社に任せきりで不安だったことを専門家の立場から適切にサポートしてくれます。厳しく公正な目で判断してもらうことで、修繕積立金も正しく運用できるようになり、住民の負担も少なくなると好評です。

公正なサポート

コンサルティング会社では、管理組合をはじめとする住民に対して、情報開示を徹底しています。管理会社に大規模修繕工事を任せているだけでは不透明で見えてこなかった工事の内容や費用などが細かく提示されることで、住民全員が納得できるような大規模修繕工事に結びつけることができます。また、大規模修繕工事は一度だけ行われるではなく、永続的に続いていくため、費用をできるだけ削減していくことも大切です。コンサルティング会社では、施工会社の選定の段階から入札制度などを取り入れて、低価格で質のよい工事が進めていけるようにサポートしています。特定の企業との関係を持たない独立した機関としてサポートしてくれるので、必要最低限の適正な工事だけが行われることが大きなメリットです。

建設現場

大事な住まいに

マンション大規模修繕は、分譲マンションに住む住民が毎月積み立てている、修繕積立金により行われます。主に経年劣化による外壁の汚れや共有部分の劣化を修繕します。このようなマンション大規模修繕は、長くマンションの価値を保ち、ずっと住むためには必要不可欠な大事なものなのです。

集合住宅

改修を考える

マンションやビルなどの大型の建物には、定期的な改修工事も必要となります。改修工事を請け負っている工事業者に相談することが、一番良いでしょう。埼玉県内の工事をしている業者は多数ありますので、複数に見積もりを出してもらいましょう。

間取り図

事前に工期を確認する

東京にはマンションや高層ビルなどの大きな建物が多いこともあり、至るところで大規模修繕工事が行われています。これを行えば、建物を長持ちさせられるので、定期的に行われるものです。住人の理解を得た上で、長期間に渡って行われます。