大規模修繕を行なうなら専門家にサポートしてもらおう

大事な住まいに

建設現場

マンションとは

マンションは、現在の日本人の住まいに欠かせない住居形態です。しかも、結婚して分譲マンションを住宅ローンで購入することは現代ではとても一般的ですし、そのように結婚や出産などの人生の節目でマンションを購入することは、社会人としてのとても大きな目標となりますね。マンションというのは、昭和30年代辺りから呼ばれだした名称らしいのですが、実は日本独自の呼び方なのです。日本でいうマンションとは、アパートとは違う高級路線の高層の集合住宅というイメージになります。マンションのなかでも、分譲マンションと賃貸マンションがありますが、マンション大規模修繕などを行いメンテナンスがとてもしっかりされるのはやはり分譲マンションになります。

どのように行うものか

マンション大規模修繕とは、そのマンションに住んでいる住人が毎月積み立てている修繕積立金で、マンション内の設備や外装、内装を綺麗に修繕していく事です。ほとんどの分譲タイプのマンションでは、毎月管理費と共に修繕積立金も徴収されています。マンションは大抵が鉄筋コンクリート作りであり、また昭和54年以降に建設されたマンションでは耐震構造が法律によってとてもしっかりした作りになっています。しかし、経年の使用によって外壁の汚れや、共有部分であるエントランスなどの劣化がどうしても起こってくるのはその構造上の宿命です。そこで、マンション大規模修繕を行い、メンテナンスをしっかりし、住民が住みやすい価値あるマンションとしていくのです。マンション大規模修繕は、住民にとって、ずっと長くそのマンションに住んでいくために必要不可欠な大切なものなのです。